残念な人生を変えて最高な人生になる方法【実践中】

死んでいるように生きるのではなく、自分の心の声を聞いて、やりたいこをやって生きていこうってことを発信していく実験ブログです。

十干の覚え方

十干について書いていきたいと思います。

甲乙丙丁戊己庚辛壬癸

これが十干です。

こうおつへいていぼきこうしんじきと読みます。

甲乙丙丁(こうおつへいてい)までは知っている人も多いと思います。

 

どこかのブログで見たのですが、

その後の、戊己庚辛壬癸(ぼきこうしんじんき)は、

簿記の更新時期って覚えると良いそうです。

私もそうやったらすぐに覚えられましたよ。

素晴らしいアイデアですね。

 

 

f:id:hatehatetosa18:20190706010109p:plain

 

 

訓読みの方も最初は混乱しますが、

実は簡単に覚えられます。

木火土金水(もっかどこんすい)の順番になっています。

 

甲(きのえ)

乙(きのと)

丙(ひのえ)

丁(ひのと)

戊(つちのえ)

己(つちのと)

庚(かのえ)

辛(かのと)

壬(みずのえ)

癸(みずのと)

 

最初が陽、二番目が陰になります。

甲は木の陽、乙は木の陰です。

 

陽は、きのえなど、えで終わります。

陰は、きのとなど、とで終わります。

干支(えと)ですね。

 

木(き)のえとで、きのえ、きのと

火(ひ)のえとで、ひのえ、ひのと

土(つち)のえとで、つちのえ、つちのと

金(かね)のえとで、かのえ、かのと

水(みず)のえとで、みずのえ、みずのと

 

金だけは、かねのえ、かねのとではなく、かのえ、かのとですね。

ここだけ覚えてしまえば、あとはえとをくっつけるだけです。

また今度は内容を書いていきたいと思います。